FC2ブログ
 
■プロフィール

三上鍼灸接骨院

Author:三上鍼灸接骨院
院長のブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
197、十五夜過ぎてもうすぐ秋分です
節気(一年は二十四節気)では暑さの止む処暑は8/24日でした。9/9日は白露で朝露ができていました。
9/23日は昼夜が平均する秋分です。易から見ると秋分は陽と陰が半々で秋分を過ぎると陰(寒さ)が一つ増えて下から陰陰陰陰陽陽の風地観(ふうちかん)となって足の少陰腎経が支配します。足の膀胱経や腎経が支配経絡となりますので背骨にひねりや引き伸ばしを行い背骨に気を通していく導引が必要となります。
秋分が過ぎて寒露(10/9頃)から霜降(10/24頃)になるともう一つ陰(寒さ)が増えて下から陰陰陰陰陰陽の山地剥(さんちはく)となり、寒露の頃は秋の収穫の季節で晩秋の色彩が濃く、朝晩肌に寒さを感じてくる候です。秋は人体では肺が司り、季節の脈は浮脈が正常です。また来るべき冬に備えて心も体も準備していかなくてはなりませんね。
スポンサーサイト


未分類 | 18:24:11

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。