FC2ブログ
 
■プロフィール

三上鍼灸接骨院

Author:三上鍼灸接骨院
院長のブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
199、沐浴とは
沐浴とは 沐はやあみする(湯に入って体を暖め、また洗うこと)。 あらうの意。
       浴はやあみする。あびる。斎戒沐浴の意味 (漢字源)
・髪や身体を洗って清める。 髪を洗い身を洗うこと(広辞苑)
・斎戒沐浴とは心の不浄を清め、身の過ちを戒め、飲食・動作を謹んで、身を洗うこと。

中国では民族的にも宗教的にも行なわれていた。養生を語るうえで欠くことのできないもの。
 ■ ①上巳沐浴節  ②端午薬浴 ③洗毛虫毒
 ■「史記」にも古代の沐浴制度の記載があります
 ■「黄帝内経素問の五臓生成編」には「腎痺という下腹部に気がたまった病気には清水で沐浴して寝る」のがよいと載っています。既に治療目的に用いられたことがわかります。
 ■ 雲笈七籖(うんきゅうしちせん)には髪を洗う方法は詳しく記されている。また浴室は清らかで香わしくて便所、かまど、汚い土地などの近くは良くないなどと書かれている。
  例えば立春の日の天気のよい朝にビャクシ・桃皮・青木香の三つを煎じて沐浴するのは吉など・・・・。
 ■ 肺は皮を司るので水で洗うのは肺を強化することができる。

      養生外史[中国篇]吉元昭治・著 より
スポンサーサイト


未分類 | 09:33:06

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。