■プロフィール

三上鍼灸接骨院

Author:三上鍼灸接骨院
院長のブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
201、血圧について
血圧について

血圧は次の5つの条件で決まってくる。
 ① 心臓から送り出される血液の量 
 ② 末梢血管の抵抗 
 ③ 血管壁の弾力性 
 ④ 血液の粘度 
 ⑤ 血液の全体量る

☆成人の正常血圧は上が120㎜Hg、下が70㎜Hg、脈圧は50㎜Hg。

☆延髄にある呼吸中枢や心臓抑制中枢に近いところに血管運動中枢があり、そこには昇圧部と降圧部があり、そこから出るインパルスが交感神経を経て血管に達して、その部の血管を収縮させたり弛緩させたりして血圧を調節している。

☆血圧の調節は自律神経が調節していて副交感神経は心拍数を遅くし、交感神経は早くする。

☆1分間の脈拍数が100以上のものを頻脈、50以下のものを徐脈という。正常値は成人では1分間に60~80、小中学生70~90、幼児120、乳児130前後である。

☆呼吸中枢は延髄にあって心臓抑制中枢と心臓促進中枢がある。

☆心臓へ還流する静脈血が増したり、肺にうっ血があったりすると右心房が拡張し、心拍数が増加する。

☆高血圧症は上が160以上、下が95以上の場合が一般的である(WHO)、ただし、若年者ではそれぞれ140、90以上で高血圧症とする。

☆高血圧の原因は原因の分からない本態性高血圧、腎臓疾患よる腎性高血圧、内分泌性・・

☆末梢血管の抵抗が持続的に高くなると必要性に応じた血流量を保つため、心臓の拍出力が増し血圧が上がる。

☆高血圧が長く続くと動脈硬化が発生し脳、心臓、腎臓などの血管が硬化すると危なくなる。

☆低血圧症ーー最高血圧が100以下の場合を低血圧という。特別な症状もなく、心配のない場合が多いが、手足の冷え、疲労しやすい、めまい、肩こりなどの症状がでることもある。

☆血圧は絶えず変動しており、激しい運動や入浴、気温、食事、精神的興奮や過労、タバコなどでいろいろと変動する。

☆循環をよくするには 
①温浴 ②マッサージ ③適度な運動  ④気功 ⑤太極拳 ⑥有酸素運動・・・
スポンサーサイト


未分類 | 19:18:27

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。